婚活に大切なことって何だろう?

婚活

5年ぐらい前から口癖のように

結婚して娘がほしい

そう言い続けて、2019年1月に入籍に至りました。

それまでに経験した大切な事を、ちょっとまとめてみようと思って記事にしてみました。

なんでかというと・・・

ネットの情報があまりにも商業的すぎて、参考にならないのが多すぎるんで笑

しっかりした情報があれば、私みたいに散財しないですみますし・・・

投稿者スペック

  • 性別 男
  • 活動時期 29歳~34歳 くらい
  • 職業 会社員
  • 年収 400~450万
  • 体型 身長168cm 体重64kg→57kg→64kg
  • 身体的特徴 色白 ひげ濃いめ うすらハゲ
  • 交際経験 3名
  • 初婚

これぐらいですかね・・・

もっと詳細を出せ!自分と比較できないじゃないかハゲ!

という方がいらっしゃいましたら、検討して載せます。

婚活を行ったもの

結構な種類のものとお金を使った気がしますが・・・

奥さんのいる生活=プライスレス

ということで納得してます。

実際に参加・使用したものはこちら

  • フィオーレ 5:5ぐらいのお見合い 2回?
  • エクシオ 15:15ぐらい 1回
  • シャンクレール 10:10ぐらい 複数回
  • PARTY☆PARTY 10:10ぐらい 複数回
  • 恋工房パーティー 7:7ぐらい 1回
  • ホワイトキー 5:5ぐらい 1回
  • アクロスパーティー 5:5ぐらい 2回?
  • omiai  アプリ 2ヶ月入金
  • ペアーズ アプリ 6ヶ月分一括入金 →結婚
  • ユーブライド アプリ 2ヶ月入金
  • ブライダルネット 婚活サイト 2ヶ月入金
  • タップル アプリ 非課金

記憶をたどってざっくりこれぐらいです。

あぁ・・・結構なお支払いをしたんだなぁ・・・

婚活に大切だと感じたとこ

それはずばり、正しい情報と自分のことがどれくらいわかっているかです。

そもそも「婚活をしよう!」と思う時点で

今まで恋愛に対して積極的ではなかったのではないでしょうか?

私は消極的でした。

当たり前のように恋愛して、当たり前のように結婚できると思ってました。

でも、全ては自分の行動を相手に認めてもらうことで恋愛ができ

やがては結婚につながっていくというのを

婚活で思い知らされました。

美男は美女を捕まえられるかもしれませんが

ダメ男が美女を捕まえるには、美男を超える何かを持ってないといけません。

人間は中身!とは言えど、第一印象は大切というなんとも難しいところ。

それでも、自分のことがよくわかっていれば、アピールもしやすいです。

自分のことがわかってから、自分にあう婚活方法を探すのがベストです。

タイプ別婚活ツール

控えめな方や話すのが苦手な方は、対面式の婚活ではかなり厳しいです。

女性と会って、3分ほどで「あ、この人いいな」と思ってもらえないと次がない。

そんな戦場に投げ込まれると、たちまち負傷兵になってしまうので

「婚活は向いてない」「高い勉強代だった」などと自分に言い聞かせてしまいがちです。

それは間違いであって、そもそも自分の得意分野で戦えていないだけなのです。

婚活パーティーと呼ばれる場に行って成果を得られるのは

積極的に女の子と会話ができ、相手を持ち上げ、楽しませれる男性か

運命的な出会いを引き当てた男性だけです。

これに関しては、女性の場合も同じです。

控えめな女性に対して活発すぎる男性は、ちょっとした怖さがあるようです。

控えめな方には、アプリで婚活がおすすめです。

ある程度、文字でのやり取りを踏まえ、同意の上での面会になるので

実際の会話も事前のやりとりを深く掘り下げるだけでいいです。

そもそも合うまでにたどり着けない!という方は、再度自分を見つめ直してください。

見た目だけで選んでませんか?

自分の現状を置き去りにして、理想を追い求めていませんか?

自分の場合

私自身も婚活パーティーに参加して、マッチングしたことはありますが

マッチング→そのあとご飯→自然消滅

すべてのマッチングがこの流れでした。

このパターンに入ってしまうと、参加費+デート代のダブル出費です。

一期一会の女性にご飯代あげてさようならという、悲しい状態。

男側の参加費も馬鹿にならず、毎回2,500~6,000円の出費です。

女性側が0円の場合は軽いノリが多く、本当に散財だと思いました。

なので、行くにしても女性もある程度お支払いのあるパーティーの方が女性も意識が高いです。

ただ、毎回5~10名ほどの女性と会話するために3,000円の出費と考えると

とても金額に見合うものではないなと感じるようになりました。

そこで、ネット・アプリ系のものに挑戦することにしました。

高い場合でも毎月5,000円ほどの出費で、複数の女性と同時進行が可能です。

都会であればあるほど新規登録もあり入れ替わりが激しいですが

田舎の場合はある意味固定メンバーです。出会いも人口に比例する感じですね。

ただ、アプリにも特性がそれぞれあるので、その理解も必要です。

結果として、私はペアーズの有料会員になり、女性からアプローチされ

そのアプローチをしてきたのが現在の奥さんです。

ちょっとこの記事は掘り下げていきたいので

それはまた後日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする